パラグアイ向け アポスティーユ apostille 外務省 代行 申請

English

パラグアイ向けアポスティーユ
Apostille 申請代行

パラグアイ向けのアポスティーユ認証でお困りですか? アポスティーユの経験豊富な行政書士がアポスティーユ取得を支援いたします

パラグアイ向けアポスティーユ

アポスティーユとは

アポスティーユのイメージ 「アポスティーユ(apostille)」とは、日本の外務省による公文書の確認証明です。 外務省リンク HCCH

アポスティーユ(apostille)は、日本の市役所・区役所、法務局など官公庁が発行した証明書が、確かに日本国内のお役所により発行された本物であると、日本の外務省が確認するものです。

ハーグ条約

アポスティーユの書式 アポスティーユはハーグ条約に基づいて発行されるもので、書類の提出国・地域もハーグ条約に加盟・参加している必要があります。

パラグアイと日本はともにハーグ条約に参加しているため、パラグアイで使用する書類に認証を求められたときには、アポスティーユによる認証を受けることができます。

パラグアイ共和国は、南米に位置する、人口おおよそ612万人、面積約40万平方キロメートルの内陸国です。

在日パラグアイ共和国大使館領事部HP アポスティーユ

パラグアイ向けのアポスティーユが必要な場合

アポスティーユ(apostille)は、パラグアイでの各種手続き(個人の永住権申請・国際結婚など、会社の商品輸出手続きなど)のために日本で発行・作成された書類を提出する必要が生じ、その提出先から日本の外務省のアポスティーユ認証を取得するよう要求された場合に必要となるものです。

パラグアイ向けはパラグアイでの医療機器の登録など企業さまの商品輸出関連手続きの書類準備などでよくご依頼を頂いております。

アポスティーユの対象となる文書
戸籍・受理証明書にアポスティーユを取得
私立学校(旧国公立大学を含む)の証明書にアポスティーユを取得

パラグアイ向け「アポスティーユ」のお手続き代行・支援

外務省 パラグアイでの各種お手続きにおいて、「アポスティーユ」が必要となったクライアント様のために、アポスティーユの取得代行・支援を致します。

パラグアイ向け「アポスティーユ」を緊急に確実に取得したい、アポスティーユの手続きまで微妙に手が回らない、アポスティーユ認証の取得方法がよく分からないので専門家に依頼したいなどというようなケースでご依頼を頂いております。