パスポートの写し証明 を承ります 行政書士

English

パスポートの写し証明、ご依頼下さい!

パスポートの写し証明

パスポートの写し証明とは

このページでご案内をしている「パスポートの写し証明」とは、国家資格である行政書士が、原本と写し(コピー)を照合し、その写しが原本の正確な写しであると証明するものです。

行政書士法第1条の2

当事務所では、行政書士法第1条の2の「行政書士は、・・事実証明に関する書類を作成することを業とする」の規定に基づきこのパスポートの写し証明を行なっております。

行政書士

行政書士は、各種入国管理手続きの取次ぎ、官公庁に提出する許認可等の申請届出書類の作成・手続代理などを業として行なっている国家資格者です。


お問合せフォーム

パスポートの写し証明に対する当事務所の考え方と対応

正確なコピー(写し)であることの証明

パスポートの写し証明の業務では、パスポートの原本をご提示いただき、その原本とコピー(写し)を照合し、コピーが原本に対して正確なコピーであることを証明します。業務の性格上、この証明は必須項目となります。

当事務所で行う証明は、パスポートの原本(A)をご提示いただき、そのコピー(B)を確認し、「コピー(B)が原本(A)の正確な写しである」ことを証明するものです。

英語では、I certify that I have seen the original document and this copy is an accurate copy of the original. のような証明文となります。

パスポート原本の目視確認

パスポートの写し証明は、前述のとおり、コピーが原本に対して正確なコピーであることを証明するものです。従って、コピーの元となるパスポートは必ず原本を目視確認させて頂きます。この点において、コピーのみをご持参いただいての業務、pdfファイルのメール添付のみの業務は行っておりません。

パスポートの写真と所持人との類似性(likeness)の確認

パスポートの顔写真と所持人との類似性の確認は、提出先からの文言指定の中にそのような証明項目がある場合のみ行っております。

当事務所にご依頼を頂くパスポートの写し証明の目的の中には、単に、パスポートの正確な写しであることの証明のみを求めているものもあります。その要求の下では、パスポートの写真と所持人との類似性の確認は必要がありませんので、類似性の確認は証明の必須項目とはしておりません。

提出先からの要求でパスポートの写真と所持人との類似性の確認が必要な場合は、必ず事前にご連絡を頂きますようお願いいたします。

パスポートが本物であることの証明

当事務所のパスポートの写し証明は、ご提示いただいたパスポートが本物であることを証明するものではありません。

@提示された原本が本物であるとの証明と、Aコピーが提示された原本に対して同じであるとの証明は、別ものです。当事務所が行えるのは後者Aです。

公文書の真正性(本物であるということ)の証明は、例えば、パスポートであればそれを発行した外務省が概観・素材などが通常のものと同じであることを確認し、記載内容を発行原簿などと照合をし同じであると確認した場合のみ可能であると考えています。

よって、当事務所を含めた第三者機関は、提示されたパスポートが本物であるとの証明は行えないと考えています。(偽造と思われるような書類は当然にお取り扱いができませんが、それと“本物”であるとの証明ができるということは別の問題です。)

「行政書士」の英語タイトル

当事務所では、「行政書士」の英語タイトルとして「Gyoseishoshi」とローマ字表記するとともに「Administrative Scrivener」を併記しております。

お問合せフォーム

ご依頼・お手続の流れ

お客様 当事務所  
必要書類などの確認
  ↓
お見積もりのご依頼
  ↓
内容の確認
  ↓
お見積もりの送付
  ↓
正式なご依頼
  ↓
業務開始
  ↓
 書類作成
  ↓
書類ご発送
  ↓
お支払(お振込み)

事案により手順・内容が一部変更となる場合があります。

お問合せ・お見積もり依頼


●お問合せ区分
問合区分
見積もり希望
認証区分
パスポートの写し証明
パスポートの写し証明は、ご持参またはご郵送により必ず原本を直接確認させて頂いております。
 
●書式種類など
書式と認証
行政書士によるパスポートのコピーの証明
公証
アポスティーユ
領事認証
その他
(この項目は複数が該当する場合があります)
旅券の発行国
日本国 その他
コピーの必要な頁
写真ページのみ
写真ページ+追記ページ(追記ある場合)
全ページ
その他
必要通数

(複数人の場合は、人数、各通数、合計数など分かるように記載ください。)
 
●使用目的・提出先
提出国
提出先

(オランダ王国・アムステルダムの商工会議所など、具体的に提出先をご入力下さい。)
使用目的

(オランダ王国における支店開設など、具体的に目的をご入力下さい。)
文言の指定
提出先からの証明文の文言指定 あり なし
 
●被証明者(どなたのパスポートですか)
氏名
フリガナ
  
年齢 性別
メール

・正確なアドレスの入力がないと当事務所からの回答は届きません。正確にご入力ください。
電話

郵便番号

住所

・この欄には海外の在住の場合でも必ずその実際の住所・居所をご記入下さい。
・対応の可否の判断、送料の計算等のため市区町村までの住所情報は必須となります。
 
●お問合せ頂いている方(上の証明を受ける人と異なる場合)
この欄には、実際にPCに向かい今現在ご入力いただいている方の情報をご入力ください。
氏名
フリガナ
  
関係
メール

・正確なアドレスの入力がないと当事務所からの回答は届きません。正確にご入力ください。
電話

郵便番号

住所

・この欄には海外の在住の場合でも必ずその実際の住所・居所をご記入下さい。
・対応の可否の判断、送料の計算等のため市区町村までの住所情報は必須となります。
 
●会社名(法人でお問合せ頂く場合にご入力下さい)
会社名

部署名
  
 
●通信欄
通信欄
・当事務所からの回答は原則メールで行います。正確なメールアドレスのご入力をお願いいたします。
・お名前は当事務所からのご回答の必須項目とさせて頂いております。お名前のないお問合せに対しては回答しておりませんので予めご了承ください。
・お名前、ご住所及びメールアドレス以外は任意項目ですが、ご入力いただく情報が多いほど正確なお見積もりがだせます。尚、どのような業務をご依頼予定かが特定されないとお見積もりは作成できません。業務内容が特定できる程度の情報は必要です。
通常、メールの受領確認を速やかに行なっております。
2日以上経過しても何ら連絡が行かない場合は、メールの事故などの可能性が考えられますので、お手数ですが電話などでご連絡下さい。
具体的な認証処理の方法・手順、日本国内の手続きで必要となる委任状など必要書類のご案内は正式なご依頼を頂いてからとなります。予めご了承下さい。
【個人情報のお取扱について】
ご提供いただく個人情報はご依頼いただく業務の遂行(見積もりの作成を含む)に利用します。アポスティーユ・公証等のご依頼については、外務省、公証役場など公的な機関に対して、その業務の完了に必要な範囲内において、個人情報を開示することになります。翻訳業務等の一部外部委託、または、他事務所との共同受任等の必要が生じた場合、事前にその旨をご連絡いたします。個人情報の照会を希望される場合には、ご本人であることを確認した上で、合理的な範囲で速やかに対処します。

お電話・ファックス

TEL/FAX03−5635−5897

=お願い=

新規案件についてのお見積もり依頼・お問い合わせなどは上のフォームからのご入力をお願いしております。

外国向けの書類認証業務は、書類の種類・通数、認証の種類など対応する業務に大きな幅がありお見積もりに時間を要する場合があります。また、正確を期すためお電話ではなくフォームからのご入力をお願いしております。

お見積もりは、書面(pdfファイル)でご提示しており、口頭(お電話口)でのお見積もりは行っておりません。

当事務所では、お見積もりの提示の後、正式なお申し込みを頂いてから業務に着手しております。お電話をいただきましても、個々の案件の具体的な処理についてのご案内は正式なお申し込み前には行っておりません。予めご了承ください。

事務所概要

行政書士はやし事務所・アポスティーユ代行

お電話の前に是非ご一読ください!

事務所の特徴

弊所はアポスティーユ領事認証の手続きに10年以上の経験がある事務所です。 豊富な海外経験と語学力を活かし外国向け書類の調製・認証取得代行、入管ビザ業務など外国渉外関連業務に力を入れております。外国向け書類認証でお困りの場合、是非、ご相談ください。


行政書士とは

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公庁に提出する許認可等の申請届出書類の作成並びに提出手続代理、権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

行政書士の守秘義務

行政書士は、法律により守秘義務が課せられており、ご依頼者の情報を漏らすということはありません。安心してご相談・ご依頼下さい。